このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
☎︎03-3397-8019
【受付時間】月曜~土曜 

早稲田大学高等学院生専用
竹原英語スクール
私立学校別
上石神井校

早稲田大学高等学院の
高度な英語教育に対応する
専用カリキュラムで
英語学習成功の鍵を
見つけましょう

学校説明会を開催します!
①2/23(木・祝) 14:30-15:30
②2/25(土) 16:30-17:30
ご予約はこちら

校舎からのお知らせ

2023.01.24
【NEW!】

【学校説明会を開催します】
日々の学習方法から試験対策まで、早大学院の英語学習で成功する秘訣を発見していただける説明会です。
皆様のご参加をお待ちしております!

第1回 2023/2/23(木・祝) 14:30-15:30
第2回 2023/2/25(土) 16:30-17:30

ご予約は https://takehara-eng.tokyo/から。お電話(03-3397-8019)でもご予約いただけます。

2022.12.4
【NEW!】

【高校2年生・3年生 特別考査対策実施します】
学部選択に必要な特別考査。希望の学部へ進学できるよう特別考査対策を実施します。

全10日間 12/20~1/6
※時間割等の詳細は下記電話番号へお問い合わせください

TEL: 03-3397-8019

2022.07.13

【学校説明会を開催します】
日々の学習方法から試験対策まで、早大学院の英語学習で成功する秘訣を発見していただける説明会です。
皆様のご参加をお待ちしております!

第1回 7月23日(土) 16:00-17:00
第2回 7月30日(土) 16:00-17:00

ご予約は https://takehara-eng.tokyo/から。お電話(03-3397-8019)でもご予約いただけます。

2022.05.11

【学校説明会を開催します】
日々の学習方法から試験対策まで、早大学院の英語学習で成功する秘訣を発見していただける説明会です。
皆様のご参加をお待ちしております!

第1回 5月28日(土) 16:00-17:00
第2回 6月4日(土) 16:00-17:00

ご予約は https://takehara-eng.tokyo/から。お電話(03-3397-8019)でもご予約いただけます。

2022.05.11

【学校説明会を開催します】
日々の学習方法から試験対策まで、早大学院の英語学習で成功する秘訣を発見していただける説明会です。
皆様のご参加をお待ちしております!

第1回 5月28日(土) 16:00-17:00
第2回 6月4日(土) 16:00-17:00

ご予約は https://takehara-eng.tokyo/から。お電話(03-3397-8019)でもご予約いただけます。

早高院の英語を
ものにするために

早稲田大学高等学院の英語教育は、枠にとらわれない非常に特長ある優れたカリキュラムです。そのために、ひとりでは学習のしかたが分からず苦労する生徒が数多くいます。
中学部では一般検定教科書の2倍以上の語彙を含む教科書を使用しているため、大量の語彙を習得する必要があり、文法学習のスピードも大変速くなっています。
高等学院はさらに特徴的で、洋書読解、プレゼンテーションといった非常に実践的な内容が授業に盛り込まれていきます。さらに、定期試験に加えて、志望学部選定に影響する特別考査やTOEFL ITP受験など、早稲田大学に進むためには高いハードルが待ち受けています。
竹原英語スクールではこれまでの40年の教育実績から得たノウハウをもとに、学校の教育内容に沿って効率的に学習する専用カリキュラムを開発しました。指導経験が豊富な講師による、生徒数を限定したレッスンで、学校の授業を最大限に生かしながら世界に通じる「真の英語力」を養います。

学院生が抱える英語の悩み

☑大量の単語が覚えられない!

☑文法の進みが速く
ついていけない!

☑洋書読解の取り組み方が
分からない!

☑特別考査の範囲が広すぎて
独力で対応できない!

etc.


上石神井校の特長
~上石神井校は1クラス15名限定の少数指導です~

【中学生クラス】
文法・語彙・長文読解―英語の基礎を固め高校英語に備えます。
●文法・語彙を徹底習得。
教科書の進度に合わせ文法を基礎からしっかりと学習し、オリジナルテキストで学習内容の定着を図ります。授業毎に単語テストを実施し、着実に語彙を習得していきます。

●長文読解力を育成。

長い文章を扱うNew Treasureの読解をすすめていきます。英文の構造を理解し、文法を意識しながら一つひとつ確実に読み進めていくことで長文読解力を基礎から鍛えていきます。

●定期試験に備えた徹底対策。

通常授業での基礎学習の確認に加え、試験前1カ月間の3時間集中授業で効率的に定期試験範囲を学習。各学年の傾向に合わせた試験対策を行い、点数アップを目指します。
【高校生クラス】
高度な文法理解、難解な洋書読解に対応する実践的英語力を鍛えます。
●高度な文法を徹底解説+語彙学習。
短期間で高校文法のすべてを学ぶ、学院ならではのスピードと量に対応するべく、全項目の徹底解説と問題演習を効率的に進めます。また毎回の単語テストを通して、単語学習を習慣化。語彙力アップを目指します。

●難解な洋書読解も徹底指導。

文章の構造や文法を意識しながら高度な英文をより深く読み解く力をつけます。教科書とは異なる洋書ならではの表現も丁寧に解説し、より豊かな語彙力と読解力を獲得します。

●定期試験・特別考査も万全の対策。

試験前1カ月間の3時間集中授業では試験範囲を徹底復習。また、高校2 年生~3年生を対象に、大学進学に関わる特別考査の対策を実施します。どちらもすべてオリジナルの対策教材を用い、試験本番形式で効率的に準備を進めます。
◆コース内容◆
月4回の通常授業をベースに、定期試験前1カ月間の特別授業、夏期講習授業、特別考査対策授業をプラス。日々の予習・復習だけでなく、万全の試験対策も含めて、学校での学習に沿った最適のカリキュラムを実現しました。40年の教育実績をもつTES オリジナルメソッドで進めることで、効率的な英語学習をサポートします。
通常授業 (2時間×月4回)
定期試験前1ヶ月間の特別授業 (3時間×月4回)
で完璧な英語学習を。

中1~高1クラスの8月は、
夏期講習授業 (2時間×5日間短期集中)
で夏休み自習範囲の学習を徹底攻略。

高2~高3クラスの8月と12月は、
特別考査対策授業 (2時間×10日間短期集中)
で実際の試験形式に即した徹底対策を行います。
【高校生クラス】
高度な文法理解、難解な洋書読解に対応する実践的英語力を鍛えます。
●高度な文法を徹底解説+語彙学習。
短期間で高校文法のすべてを学ぶ、学院ならではのスピードと量に対応するべく、全項目の徹底解説と問題演習を効率的に進めます。また毎回の単語テストを通して、単語学習を習慣化。語彙力アップを目指します。

●難解な洋書読解も徹底指導。

文章の構造や文法を意識しながら高度な英文をより深く読み解く力をつけます。教科書とは異なる洋書ならではの表現も丁寧に解説し、より豊かな語彙力と読解力を獲得します。

●定期試験・特別考査も万全の対策。

試験前1カ月間の3時間集中授業では試験範囲を徹底復習。また、高校2 年生~3年生を対象に、大学進学に関わる特別考査の対策を実施します。どちらもすべてオリジナルの対策教材を用い、試験本番形式で効率的に準備を進めます。

成績アップ事例

当スクールでは
多くの方が成績アップを
実現されています。

成績アップ例

【中学生】
中1クラスAくん 1年生2学期期末58点⇒1年生3学期期末85点
中2クラスBくん 1年生1学期期末45点⇒2年生1学期期末92点
中3クラスCくん 2年生2学期期末43点⇒3年生1学期中間71点
中3クラスDくん 2年生3学期期末36点⇒3年生2学期中間92点
【高校生】
高校2年生Eくん 特別考査48
高校3年生Fくん 特別考査58

受講生・卒業生の声

受講生Yくん

  • Q. これまでの英語の成績はずっと10ですね。
    A. 嬉しいです。


    Q. この成績を取るために、普段どのようなことを心がけていますか。
    A. 単語は何度も書いて覚えます。その時に同時に発音もしています。発音が分からない単語は電子辞書で調べて音声を流して確認します。文法は、学校でとったノートと竹原でとったノートを見返して、理解しているかを確認します。竹原問題集は、解いた時に間違えた問題をチェックしておき、少したった後に再度解き直します。長文は音読をします。テスト前に暗記するべきところは書いて覚えます。

    Q. 学院の英語はどうですか?
    A. 竹原で先に新出項目を習い、その後学校で同じことをして復習になるので。今のところ不安はありませんが、これから単語・長文の量が増えていくので、今の学習時間で覚え切れるかは少し不安です。塾に行っている人は余裕そうですが、行っていない人は大変そうです。学校で追試を受けています。

    Q. 竹原英語スクールに通っていてよいと思う点は何ですか?
    A. 学校より前に新しい項目を教えてもらえるため、学校での勉強が楽です。また、学校で先生から質問されたときにも、分かっているのですぐに答えられます。テスト前に行うテスト対策プリント、模擬テストも役に立ちます。竹原の普段の小テストを積み重ねていくことで、テスト前に大量のボリュームを焦ってこなす必要がないのもいいです。竹原の授業は分かりやすくて面白いです。授業時間中に眠くなったり、飽きたりということがないです。

    Q. 英語学習で苦労している人たちにアドバイスを一言。
    A. 人それぞれですが、書いて覚えたり、読んで覚えたり、自分の学習方法を見つけることが大切だと思います。自分は受験勉強を始めた頃から、人から色々な学習方法を聞いて試してみて、その中で自分に合っているものを今も続けています。

  • 卒業生Kくん
    (国際教養学部進学)
  • Q. 普段行っていた学習方法を教えてください。
    A. 英文はなんとなくではなく、文の構造を考えながら何度も読んでいました。DUO(単語)も普段からよく見ていました。学校の勉強以外にも、自分の興味のあること、例えばアニメを英語字幕で見るとか、英語の音楽を聴く、オンライン英会話をするなど、できるだけたくさんの英語に触れるようにしていました。


    Q. 竹原英語スクールに通っていて、よかったと思われる点は?
    A. 試験前、特別考査前の模擬問題はとてもよかったです。本当によく当たりました。正直、自分だけで勉強していても頭に入り切りません。竹原の授業の前に予習をして、模擬問題でアウトプット。その後復習をして定着していきました。特別考査も模擬問題なしで10は無理だったと思います。

    Q. 後輩にアドバイスを一言。
    A. 教科書は何度でも読むべきだと思います。これ以上読んでも何も新たに覚えられることはないというほど。これでいいや、という妥協はしないこと。妥協したところから試験問題が出ることもあります。英文を読むのも音読がおすすめです。ただ流し読みするのではなく、切れ目をちゃんと入れて、文の構造を意識しながら。和訳だけ見ていてもダメ。DUOも直前の暗記だけではパーフェクトは無理です。普段から何度も見ていれば、試験のときにはしっかり頭に入っていますよ。

  • Q. これまでの英語の成績はずっと10ですね。
    A. 嬉しいです。


    Q. この成績を取るために、普段どのようなことを心がけていますか。
    A. 単語は何度も書いて覚えます。その時に同時に発音もしています。発音が分からない単語は電子辞書で調べて音声を流して確認します。文法は、学校でとったノートと竹原でとったノートを見返して、理解しているかを確認します。竹原問題集は、解いた時に間違えた問題をチェックしておき、少したった後に再度解き直します。長文は音読をします。テスト前に暗記するべきところは書いて覚えます。

    Q. 学院の英語はどうですか?
    A. 竹原で先に新出項目を習い、その後学校で同じことをして復習になるので。今のところ不安はありませんが、これから単語・長文の量が増えていくので、今の学習時間で覚え切れるかは少し不安です。塾に行っている人は余裕そうですが、行っていない人は大変そうです。学校で追試を受けています。

    Q. 竹原英語スクールに通っていてよいと思う点は何ですか?
    A. 学校より前に新しい項目を教えてもらえるため、学校での勉強が楽です。また、学校で先生から質問されたときにも、分かっているのですぐに答えられます。テスト前に行うテスト対策プリント、模擬テストも役に立ちます。竹原の普段の小テストを積み重ねていくことで、テスト前に大量のボリュームを焦ってこなす必要がないのもいいです。竹原の授業は分かりやすくて面白いです。授業時間中に眠くなったり、飽きたりということがないです。

    Q. 英語学習で苦労している人たちにアドバイスを一言。
    A. 人それぞれですが、書いて覚えたり、読んで覚えたり、自分の学習方法を見つけることが大切だと思います。自分は受験勉強を始めた頃から、人から色々な学習方法を聞いて試してみて、その中で自分に合っているものを今も続けています。

よくあるご質問

Q

授業はすべてグループ授業ですか?

A

はい。当校の授業はすべて、15名限定のグループ授業となっております。

Q
個人レッスンの設定はありませんか?
A
個人レッスンの設定はありません。ただし、グループ授業をご受講いただいている方のために、オプションでマンツーマンの追加レッスン(1時間単位)がございます。講師の空き枠があった場合にご案内しております。
Q
途中から参加してついていけるでしょうか?
A
当校は、早稲田大学高等学院の英語のカリキュラムに沿って授業を行っているため、レベル別の設定はございません。進学塾のような無理な先取りはなく、学校の進度に沿って進めていますので、途中から参加された方も無理なく受講していらっしゃいます。ご安心ください。
Q
授業をお休みする場合はどのようなフォローがありますか?
A
月に1回、中学生補講、高校生補講がございます。授業を欠席された方にご参加いただく合同の補講です。この補講で授業日に実施した内容をフォローいたします。補講日は月によって異なりますので、都度ご案内させていただきます。ただし、特別考査対策授業は授業日程の性格上、補講はございません。
Q
授業の様子を知りたいのですが…
A
毎授業後に、保護者様宛一斉メールにて、授業の内容・様子を配信しております。また、夏・冬に個人面談も実施しております。これ以外に詳しいご様子をお知りになりたい場合は、いつでもお気軽にお電話にてお問い合わせください。
Q
個人レッスンの設定はありませんか?
A
個人レッスンの設定はありません。ただし、グループ授業をご受講いただいている方のために、オプションでマンツーマンの追加レッスン(1時間単位)がございます。講師の空き枠があった場合にご案内しております。

Web・お電話でのお問い合わせ

お子さまの性格・学力・学習環境に合わせて
効果的な学習方法をご提案します。
お電話でのお問い合わせはこちら
【受付時間】月曜~土曜 15:00〜21:00